2019年台湾の旅(台北1日目)

6月。マンゴーの季節ということで、2泊3日で台北へ行ってきました。

スクートのセールでチケットを取ったので、航空券は往復1万5千円くらい。
時期的にチケットもそんなに高くないし、フルーツが美味しいので台湾の6月はねらい目(と思っている)

今回の宿は忠孝敦化駅近く『StarHostelEast
2日で1200元。

15時ごろ桃園空港に到着し、リムジンバスに乗って忠孝復興駅へ(路線番号5201―長榮國際のバス)

忠孝復興駅には大きいそごうがあるので運転手さんに「SOGOで降りたい」と言えば分かってもらえる。

お腹が減りすぎて、忠孝復興駅に着いてすぐさま鼎泰豊。
信義にある本店や、中山より混んでいない印象。
ここで普段量を食べないのにテンションが上がって
・小籠包
・ヘチマ入り小籠包
・海老と豚肉の焼き餃子
・青菜炒め

の4品を注文。
1つのせいろに6つ入ってくるのに本能のままに注文。冷静じゃなかった。。
案の定、せいろ2つ目で限界に達し、焼き餃子は持ち帰り用に包んでもらうことに。

台湾だと食べきれない時は、大抵包んでもらえるのでありがたい。

お腹がふくれたまま徒歩10分で宿へ到着。(忠孝復興駅⇔宿のある忠孝敦化駅はまっすぐ歩いて10分と近い)

本家のスターホステル台北にも去年泊まったので同じ感じかと思いきや、
こちらは北欧っぽい素朴なインテリアで女子好み。可愛い。

宿泊客もほとんど女性。あとファミリー。

 

 

宿でしばし休憩後、今回最大の目的であるマンゴーかき氷を食べに行天宮へ。

黒岩古早味黒砂糖剉氷

 

 

 

マンゴーかき氷 120元

黒砂糖シロップと練乳がマンゴーと合わさってめちゃくちゃ美味しい。

お腹いっぱいだったはずなのにあっさりしているので食べれてしまう。こわい。

そして壁に貼られていた女性自身の表紙が7,8年前くらいの記事。

ノスタルジックな気持ち?になりつつこの日は終了。

 

 

 

2日目へつづく