旅行記雑記

伊東の旅~キモ可愛いパラダイス編~

休みを使って伊東温泉へ行ってきた。

宿ではハンモックに揺られながらキングダムを読む→温泉→キングダムを読む

→オセロ→キングダムを読むという

インドア・オブ・インドアな一日を過ごした。

特に面白いこともないので、どこが楽しかったとかの感想は割愛し、

伊東市にヤバい施設があったことを伝えたい。

その名も『まぼろし博覧会

キモ可愛いパラダイスと銘打っているが、入った途端、

漂ってくる空気が明らかにヤバい。心霊スポットのあれだ。

森林の中に無造作に置かれたメリーゴーランドの木馬。

赤い鳥居。

目隠しをされたマネキン。

確か前情報では、懐かし昭和文化が紹介されているミュージアム的なものだったはず。

あるべきところに、あるべきものがないだけで

不安で仕方がない。そして、ホコリがすごい。

意味不明な物体が所狭しと無造作に置かれている通路。

前に進むごとにゲシュタルト崩壊していく。

 

一番怖かったのが、GWに新しく増設されたゾーン「まぼろし池」

陽気なハワイアンがBGMで流れている。

目の前に今にも崩れ落ちそうな舞台に並べられたマネキン。

 

白昼夢・・・というか歩きながら悪い夢を見ているのか。

ただこの思い当たるザワザワとした感覚。

そうだラース・フォン・トリアーの映画だ。

精神的に疲れてぐったりと出口に向かっていると、

いま入ったばかりであろうカップルの彼女が

「マジ最高!!」と叫んでいるのが聞こえてきた。

 

私はまぼろし博覧会から無言で立ち去り、

日常って素晴らしい。と心から思った。

 

このままでは伊東市の怖かった思い出で終わってしまうので、

伊東駅近くの「まるげん」で食べた海鮮丼が美味しかったです。