2018年台湾の旅(台南編②)

台南2日目。宿でレンタルバイクもしていたので、チャリ観光をすることに。

引き続き胃に優しい台湾グルメ探し。

お昼ご飯は葉家小巻米粉のイカビーフン。90元。

イカは柔らかく、スープはあっさりで優しい味。

テーブルの上に辛みそ?のようなものが置いてあって、隣のおばさんが「イカはこの辛みそつけて食べるのよ!」と教えてくれた。

その後、国立台湾博物館に行きたかったので、宿のお姉さんに尋ねたところ、

「自転車で?無理無理。So far×2」と言われる。

代わりに教えてもらったのが奇美博物館

宿から大体自転車で20分~30分くらいかな?という言葉を真に受けて走り出してすぐ、気づいてしまった。

自転車じゃ無理な距離だと。

気温30℃。

そもそも、車やバイクがブンブン走っていて自転車乗っている人がいない。

 

このままだと台湾ではねられて死ぬ・・・

 

自転車で行くことをあきらめ、バスに切り替える。

奇美博物館までバスは出ているけど本数が少ない。(この時は「家齋高中」というバス停から5番バスに乗車)

バスに揺られて30分。周辺は全く何もない、広大な土地に現れた奇美博物館。

広すぎて、正面玄関まで徒歩10分。ヨーロッパのお城みたいな外観。

中に入ってみると、そこは動物のはく製、西洋画、彫刻、世界の武器、楽器などなんでもござれなコレクション。

驚くことに、全て経営者の許文龍さんが個人の趣味で集めたものだという。個人の趣味にしてはスケールが大きすぎる。

中でも武器コレクションは国ごとに展示されていて、インドの甲冑と剣はバーフ・バリだったし、ドイツ軍の甲冑はかっこいいしで面白かった。

帰りのバスが非常に不安だったけど、バスアプリとバス停の表記を見比べて攻略。お金に余裕がある方は普通にタクシーが良さそう。

夕方、自転車でノスタルジックな雰囲気が漂う神農街へ。

カフェ「太古101珈琲館」

神農街を後にして、台南名物・擔仔麵(タンツーメン)を求めて赤崁擔仔麵へ。

日本人観光客もちらほら。海老の出汁がしっかり出ていて美味しい。

擔仔麵+煮卵

豆花

胃が完全に回復したことを確信した自分は、翌朝の朝食用にフルーツをテイクアウトすることに。

夜も遅かったので営業しているお店を探していると、AM3時まで営業しているというかき氷(フルーツ)店「裕成水果」を見つけた。

店先には旬のフルーツが並ぶ。

色々食べたかったので「綜合切盤(カットフルーツ盛り合わせ)」を1人分注文。70元。安い。

千疋屋だったらいくらなんだろう。。

 

次は台南→台北へ。つづく。

台北編①へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA