2018年台湾の旅(台北編①)

台北に友人が1泊2日で遊びにくるというので、

台南から台北まで高鐵(新幹線)で向かう。

外国人は20%割引のチケットが買えるので、事前に以下のサイトから購入しておいた。この時は日本円で3929円。

kkday:台南出発 https://www.kkday.com/ja/product/2696

問題は宿のある場所から台南新幹線駅までどうやって行くか。(台南中心地からかなり離れている)

調べたところ、宿の近くから無料のシャトルバスが出ていることが判明。

台南市政府のバス停から40分くらい。ちなみに台湾のバスは運転がかなり荒い、ガンガン飛ばすのがデフォルトなので、自分のキャリーケースが転がらないように自転車用のワイヤーロックで固定していた。

無事到着し、事前に購入していたバウチャーを持って窓口で時間・座席指定をすると、1DAY パスを渡される。改札は係員にパスポートとこのチケットを提示すると、通してもらえる。

1時間40分ほどで台北着。友人と合流。

早速龍山寺の「剥皮寮」へ向かい、清朝時代のレトロな街並みを散策する。

お腹が減ってきたので、お昼は地元の人が集う「周記肉粥店」へ。

肉粥、15元。

一見、スープのようにみえるが、下にさらさらとしたお粥が沈んでいる。

肉の出汁が濃くてすごくおいしい。

午後、永康街の「品墨良行」へ向かう。

ここはオリジナルのノートや手帳や便箋など、「紙」好きにはおすすめの雑貨屋さん。

歩き疲れたので「CHIAO TEA SALON」で一休み。

2年前に台湾へ来た時に見つけて美味しかったので再訪。若者向けのお茶屋さんでスタイリッシュな店構え。

東方美人茶を注文。200元。一緒にお茶請けがついてくる。

夕方、少し早めの夜市をぶらつく。

寧夏路夜市

台湾と言えば足裏マッサージ。この時点で日本を出発してからはや1週間。

全身が悲鳴を上げていたので、足裏と全身コースを選択。

やる気のなさそうな三四郎小宮似の青年が出てきて、一抹の不安を覚える。

が、

小宮はやる時はやる男だった・・・足ツボも痛気持ちいい絶妙な力加減。

台湾の小宮、ありがとう。

「足將養生會館」※クレジットカードは使えないので注意。

遅ればせながら台北のホテルはチョウ ホテル(町記憶旅店) (Cho Hotel)

西門駅から近いデザイナーズホテル。1928元。(2人で割り勘したので1人3500円ほど)

友人と風呂上がりの台湾ビールで乾杯。

しばらくドミトリー生活だったので、ホテルはやっぱりいいなあと思いつつ床につく。

 

つづく。

台北編②へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA