2018年台湾の旅(高雄編③)

郷に入っては郷に従え。

半信半疑で飲んだ台湾胃薬の効き目は抜群だった。
あまり無理はせず、行ける範囲で観光しようとプランを立て直す。

前日の夜から何も口にしていなかったので、とりあえず温かいタピオカミルクティーを求めて「樺達奶茶」へ。
ここのお店はヘルシーを売りにしているので、(おそらく飲んでは駄目なのだろうけど)ヘルシーなら大丈夫だろうと無理やりこじつけて

美容奶茶(淡甜) + 珍珠(紅茶多め + プーアル茶 + 牛乳 + タピオカ )・甘さ控えめを注文

プーアール茶の香ばしい風味と大きめのタピオカがもちもちしていておいしい。
(注文時にタピオカ追加してくれと言わないと入れてくれないので注意)

その後、MRTで高雄駅から約30分「橋頭」駅で降り、「橋頭糖廠」へ。

ここは廃墟好きにはたまらない日本統治時代の製糖工場跡。

この廃墟の佇まい・・・写真を取る手が止まらない。
台湾にはこういう旧跡が沢山残っていて本当に素晴らしい。
ただ人がいなすぎて不安に駆られる。あまり観光地としてはメジャーではないのだろうか。

昼、先生の言いつけをゆるーく守り、胃に優しそうな豆花を食べることに。

MRT巨蛋駅の近く「憶兒時豆花豆漿巨蛋店」に入る。

目の前にはざっと10種類くらい豆花にのせるトッピングが並んでいる。

・・・注文方法が分からない。

よくよくメニュー表を見てみると、そこには『綜合』の文字が。
こういう時は大は小を兼ねる。

綜合を指さすと、店員さんが好きなトッピングを4種類を選べという。

もうトッピングが何が何なのか分からず頼んでみた結果。

後から調べると、緑豆、タピオカ、小豆、芋園(芋餅)トッピング。
これは予想通り胃に優しく、甘さも控えめで美味しかった。量は結構多め。

台南に移動しなければならないので宿に戻り少しだけ周辺を散策。

「駁二芸術特区」の誠品生活へ行ってみた。建物をいい感じにリノベーションしていてお洒落。

 

最後、朝からまともなご飯を食べていないので、お粥を食べたくなり、「高雄清粥小菜」で夕飯。

小松菜の煮びたしと煮卵、芋粥。写真にすると戦時中っぽい食事が否めないけど、胃が弱っている自分にとってはご馳走だった。

全部で40元。安い、美味い、早い。

 

高雄を後にして台南へ。つづく。

台南編①へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA