もの食う人びと/辺見庸

新しい職場。
研修やら手続やらで目まぐるしく6月は過ぎた。

久しぶりの満員電車で気持ち悪くなったり
疲れすぎて気がついたら床で寝落ちしてたりと
今まで家でぐうたらしていたツケがまわってきたのかもしれない。
まあ、何事も初めはこんなもんかと開き直ってやるしかない。

そういえば、通勤電車で読む本は旅に関する本が多い。

この本は、共同通信社の元記者である作者が、世界各国の「食」という行為に目を向け、
現地で同じ空気を吸い、人々と触れあいながら取材をしたルポルタージュだ。

私たちは「飽食」の時代に生まれ、
食べようと思えば美味しいものを口にすることができる。
そんな恵まれた環境の中で、次第に私たちの舌や胃袋は無感動になってしまっているのではないか、と作者は問う。
無感動になってしまった自分の舌と胃袋を「いじめたくなった」という動機で海外へ飛び立つ作者はなかなかのマゾフィストである。

一番読んでいて、苦しかった章がある。
「ミンダナオ島の食の悲劇」。

場所はフィリピンのミンダナオ島。
作者は老人の後についてある場所へ向かっていた。

そこは第二次世界大戦の残留日本兵が1947年まで潜んでいた山の尾根。

「連中(残留日本兵)はこの草とあの肉をいっしょに煮とったよ」
言いながらドゥヤンドゥヤンの花をむしっている。泥道に、血のように鮮やかな朱色の点が散らばった。

残留日本兵たちは島に住む村人たちを食べていた。
作者を案内してくれた老人は、日本兵たちの投降に立ち合い、鍋にある「それ」が人の肉と知らずに食べてしまった生き証人である。
淡々と語られる文章だからこそ、鮮明にその様子が浮かび上がってくる。

「母も妹も食われました」
「私の祖父も日本兵に食べられてしまいました」
「棒に豚のようにくくりつけられて連れていかれ、食べられてしまいました」

飢餓から食べたのかと思いたくなるが、山には鹿やサルもいたし、山芋だってあったという。

人の肉を食べるというタブーを犯す状況を戦争が作り出したのだとすると、
言いようがない恐怖を感じる。

頭の片隅で自分と同じ日本人がそんなことするはずがないと思っていた。
でも事実その現場には、自分の大切な人を食べられてしまった被害者がいる。

相手は覚えている。
私たちは知らない。

それじゃダメなんじゃないか。
日本としては消したい過去かもしれないが、ちゃんと知っておくべきだと思う。

日の当てられない部分にこそ、大事なことがある。

そう考えさせられる本だった。

美意識悪友Dx/劇団雌猫

Netflixのクィア・アイ2シーズンが配信されていたので、一気見してしまった。

ファブ5というゲイの5人組が依頼を受けて、ターゲットを内面・外見ともに改造していく。

2シーズンは1話目から泣かせにきた。1シーズンよりパワーアップしてる。

美容担当のジョナサンが言っていた「お金がないことが、スキンケアをしない言い訳にはならない」。

本誌は、以前紹介した悪友シリーズの「美意識」をテーマに取り上げた一冊。

コスメやエステが大好きで美意識が突き抜けてる人から、

仕事が忙しすぎるバリキャリのライフハック化した美意識まで。

印象的だったのは「呪いをかけられた女」。

母親から『美しくなければ意味がない』『美しいものが最も正しい』と教え続けられてきた女性。

無意識に価値基準は美しいか美しくないかになり、自己肯定感は低く承認欲求もこじらせてしまったのだった。

そんな彼女にとってメイクをすることは、「呪い」を軽くする魔法のようなものだという。

私にとってはメイクは礼儀だからするくらいで、本当は苦手だからしたくない。

でも、そういう考え方もあるのかと思うと、あの煩わしいメイクの時間も自分を少しだけ良いものにする過程と前向きに捉えることができる。

彼女の文章からは悲壮感などは漂ってはおらず、(私の想像だが)ナチュラルで素敵な女性なのだろうと思う。

 

ふと、高校時代を思い出した。

ギャルの多い女子高だったので、放課後友人たちが髪をコテで巻いたり、メイクしたりする様子を眺めながら待っていた。

なんでそんなにうまくアイラインや眉毛を描けるのか、そもそも何回もマスカラを塗る意味すらもよく分からなかったけど、マスカラを2回、3回を塗り重ねるところに「美意識」は宿っていたのだと、今ならわかる。そして自分には美意識が不足しているとも。

自分が生まれ持っての美人だったらすっぴんでも良いかもしれないけど、ありのままの自分を見てほしいとか、冷静に考えればおこがましい話だ。

これまで必要最低限の努力を怠ってきたので、これから大人の女性に見えるべく頑張るしかない。

先日行きつけの美容院の美容師さんに言われた。

「ワックスちゃんとつけてくださいね。何かしているのと、何もしていないのは案外分かりますから。」

 

・・・見抜かれてる。

 

どきどきフェノメノン/森博嗣

「おっさんずラブ」ロスがひどい。

もともとラブコメは好きだったけど、こんなにハマってしまうとは思わなかった。

もう途中からコメディではなく、完全に月9だった。

こんなに満たされた気持ちになったのは久しぶりだ。

さてラブコメで思い出したのが、この本。

元々森博嗣のスカイ・クロラシリーズが大好きで、あの厭世的な雰囲気とドライな文章に夢中になった。

出版当時、あの森博嗣がラブコメを・・・!という衝撃が走ったのを覚えている。

タイトルの「フェノメノン」とは、phenomenon=現象、事象の意味。
この本は終始ドキドキという現象からブレない。

主人公の佳那は大学院のドクターコースで研究に没頭する理系女子。
研究室には、爽やか好青年である鷹野や、オタクで何を考えているのか分からない水谷という後輩男子が在籍している。
主人公を取り巻く後輩2人との恋愛模様や周りで起こるゴタゴタが、ミステリーの手法をもって描かれる。

何といっても魅力的なのは、主人公のキャラクターだ。

佳那という人物は、プライドが高く、無駄を嫌い、あらゆることを分析してしまう思考癖がある。
加えてお酒を飲むと記憶をなくす。

工学博士である著者自身が見慣れた風景なのか、自分を投影しているのかリアリティに溢れている。

佳那は自分の上司に当たる相澤准教授に恋をしている。
直接デートに誘えばいいものを、教授が好きそうな演奏会のチケットを用意し、マンションの郵便受けへチケットを投函する。
当日、変装した佳那は教授に渡したチケットの隣の席に座り、教授の隣で演奏を聴きながら同じ空間を共有するどきどきを楽しむ。

これはただのストーカーではないか。いや、押し付けてはいないからいいのか。
主人公は真面目に「恋愛」をしているのだが、どこかズレている。

そして好きな人(研究対象)以外は基本的に煩わしく、面倒なことは後回しにしてしまう様子はいっそのことすがすがしい。

ただ、このことが後から足元をすくわれることになるのだけど。

この話の素晴らしいところは、王道のラブコメに挑戦しながらも、ラストに向けて読者をあっと驚かせる仕掛けが用意されているところだ。さすがミステリ作家。

ラストは胸キュンと、なるほどが一斉にこみ上げてくる。

私は元々理系に憧れて中学までは理系大学に進むことを真剣に考えて学業に当たっていたのだが、案の定、自分の細胞には理系遺伝子が組み込まれてなかったらしい。

会社の同期で院卒の理系女子がいたので、どきどきフェノメノンを読ませ、本当に研究室ってこんな感じなのかと質問攻めにして満足したのだった。(二次元と三次元の境界を越えたいというオタクならではの行動である)

それにしても、10年くらい前から映像化を待っている。就活の時、某テレビ局のESにも書いたはずだ。
今だとキャスティングは誰が適切だろう。主人公はガッキーで、鷹野は竹内涼真、水野は窪田正孝なんてどうでしょうか。。

ガラスの靴は割れてもはける①/都陽子

先日、友人宅でバチェラー2を見た。

独身婚活サバイバルと謳っているとおり、

女性たちがあの手この手を使ってバチェラーの小柳津さんにアピールする。

選ばれるという目的はもちろん、彼女たちは女のプライドとも戦っている。
婚活という土俵にすら立っていない自分には、ここまでやらないと駄目なのか・・・というシビアな現実にどんよりした気持ちになる。

この中だったら誰が選ばれるかという談義をしたら、
その場にいた友人(男)と友人(女)でまったく意見が分かれて面白い。

もし今大学生だったら「バチェラーでみる男女脳の違い」とかレポート書きたい。

この漫画の内容も婚活ネタ。

「最後に彼氏いたのいつだっけ?」

俳優の追っかけをしていた妙齢の女子4人組が、推し俳優の結婚を期に婚活を始めるという話。

不倫女子、仕事をやめて専業主婦なりたい女子などあるあるネタが盛り込まれている。

婚活アプリでやり逃げされても、不倫の不毛さに気づいて泣くことも女子会で浄化する。

東京タラレバ娘でも結婚したいなら女子会の頻度を減らせと言っていたけれど、

現実問題なかなか女子会は切り離せないものだ。

ただ、自分の現状においてはここ1、2年で友人たちの結婚により、独身の女子会自体催されなくなった。

大変だ。人手不足だ。

ありがたいことに結婚した後も飲みに行ってくれる友人もいるし、夫婦で仲良くしてくれるしで、ぬるま湯に浸かってしまっている。女子会というより寄合みたいな穏やかな集まりに味を占めてしまった。

ひとまず転職問題は片付いたので、今年度の婚活問題に着手するとしよう。

転職。

仕事を辞めて3ヶ月。やっと転職が決まった。

正直、GW空けから2週間が一番キツかった。。もうしばらく転職活動はしたくない。

今回の転職活動における唯一の教訓は、「旅行は仕事を決めてから行くこと」。

いやほんとそれ。

ほんと退職した3ヶ月前の自分はなぜこんなに余裕ぶっこいていたんだ。今更ながら自分の無計画さに呆れる。

ただ、これまでの受験、就職における転機のタイミングを振り返ってみても、ギリギリに決まる傾向がある。これぞ「帳尻力」。何か大きな力が働いてるんじゃないかとさえ思う。

だから結果を待っている間はダークサイドに落ちていた自分も、内定もらった瞬間「あ、やっぱり何とかなるじゃん」と結局のところ調子に乗るのだった。

これからまた新しい環境に慣れなければならない。
人見知りの自分にとっては、新しい人間関係の構築が第一関門だ。

極力話しかけられたくはないし話したくはない。
デスクとデスクの間に一蘭の仕切り板みたいなのがあればいいのに。

新しい職場に馴染めるか大いに不安だけど、このブログもゆるく続けていけたらいいな。