14の夜/足立紳

先週はウィルス性胃腸炎にかかり、39℃の熱が出た。
普段熱があまり出ないので、久しぶりに地獄をみたというかトリップして
改めて感じる。
健康って素晴らしい。

 
「・・・オレら・・・この先の人生で、
女のオッパイ思いっきり揉みまくれること・・・あるかな?」

この本は少し前に映画にもなった、1987年の鳥取を舞台にした青春小説。
青春小説といっても、中学生の「ボク」が初めて女のオッパイを揉んだ。
それだけの話である。

性別が違うので、思春期の男子の気持ちは一ミリも想像ができないが、
きっとオッパイを揉むという行為は、中学生という繊細な時期において
願望であり、冒険であり、夢なのだろう。

事の発端は、ある噂話から。
ボクの住む田舎町にある唯一のレンタルビデオ店の1周年記念に、
AV女優・よくしまる今日子のサイン会がある。
夜の12時以降を過ぎるとオッパイを吸わせてくれるらしい。
というものだ。

中学3年生の夏休み。
金田君を率いる不良グループと、ヒエラルキーの下に属するぱっとしないボクと数人の仲間たち。
皆がその日を待ちわびていた。

そんなボクの父親は高校教師なのに飲酒運転をしてしまい、謹慎している。
しかもボクがいない間に、部屋に隠していたエロビデオを隠れて見ていたという
最悪な状況だ。

そんな鬱屈とした家庭内のいざこざから逃げるようにサイン会へ向かうボク。
その道中でまたボクの心を打ちのめす出来事が待っていた・・・

正直後半にさしかかるまでは、特に大きな山場もない。
でも、後半は思春期特有の?ひりひりとした逃げ場のなさのようなものが
伝わってきて、いつのまにか主人公に感情移入をしてしまっていた。

ちょうど自分が中学生の頃はノストラダムスの大予言が流行っていて、
中二病真っ盛りの自分は「この際学校も人間もいなくなったらいいのに」という
恐ろしいことを考えていたことを思い出した。

この本のラストは大人になったボクたちの同窓会で爽やかに終わる。
恥とか、馬鹿な事とか無駄な時間とか含めて懐かしい気持ちにさせられる本だった。

素直に生きる100の講義/森博嗣

今日は台風なので早々に退社。

転職して2カ月。やっぱりどこの会社でも嫌だなあという部分がある。
会社本体からは早く帰っていいという指示が出ていたのに
上司のGOサインがでない。
今日は全然電話もならないし特別やることもないので、
早めに帰りたいと申し出たところ、電車が平常運転だから大丈夫だという。

いやいや、運休してからじゃ遅いんですよと言いたい気持ちを堪え、
じゃあもう少し様子見てみますね!と物分かりのいい振りをしてしまった。

結局遠方という理由で早く帰る許可をもらえたけど、
そんな対応されると自分が悪いのか?甘いのか?とマイナス方向に考えてしまう。
こんなことで人の顔色伺うのも癪だ。

さて、前置きはここまでにして、
この本は作家の森博嗣氏が、生きていく上での生きやすくなるヒントや仕事観などの考え方を綴ったエッセイ。
100番まで番号が振られており、どのページから開いても楽しめる。

特に印象に残ったテーマをご紹介したい。

「空気を読むのは、空気に流されるためではない。」
空気が読めないのでは話にならないが、読めてもただ流されるだけならば、
ほとんど読んでいないのと同じだ。

空気を読んだうえで、その空気に流されるのではなく、空気に向かって進む。
ここでは「逆風」と表現されているが、大勢に逆らった意見を出すということだと
著者は言う。

空気を読んで流されっぱなしの自分にはなかなかハードルが高い。
ただ、このスキルをうまく身につけさえすれば、
今日のようなモヤモヤもなくなるし、組織全体としても良くなっていくきっかけにもなって一石二鳥だ。
できればいいんだけど、難しい。

「常に自分の力を測り、できるかぎりそれを隠す」
実力とは、何か。
それは、自分の力を知っていること、つまり自分を知っていることだ。ただ
今必死になれば、自分はいくら稼げるのか?何人の人間を動かせるのか?
常にその想像を働かせることが社会で成功する基本の一つだという。

今会社員として給料をもらっているわけで、
おおむねその金額が自分の能力の対価として支払われている。

では個人ではどうだろう。
もし自分が3日で100万かき集めなければいけないと言われて、
どう行動して、いくらかき集めることができるのか。

ここでいう自分の「実力」を測ろうとも思ったことがないので、とてもあやふやなものだ。
意識として持っているだけでも、行動は少しでも良い方に変わるかもしれない。