ビジネス・ゲー ム 誰も教えてくれなかった女性の働き方/ベティ・L・ハラガン

 

仕事をするのはあまり好きではない。

黙々と手を動かすのは好きだが、人と協力して何かをする事が嫌だ。

でもそんな甘いこと抜かしていると生活できないので、なんとかごまかしながらやってきた。

30代。上司からのもうそろそろ人をマネジメントしろよ、というプレッシャーを感じてこの本を選んだ。

前職は女性が活躍しています!と謳ったホワイト企業に見せかけたブラック企業だった。

出産後の復帰率高いと言っても、子どもがいる社員が時短で帰る分、残った仕事を独身女性に上乗せされて成立している。

明らかに一人で捌きようがない無茶な仕事量。教育もフォローもせずに入社したばかりの新人にあたらせる。

私はその仕事量をこなせないポンコツなんだと劣等感を抱いていたが、

転職した今はいかにあの会社が異常だったのだとわかる。

この本は、今まで自分の中に言語化できずにモヤモヤしていたことに一つの答えをもたらしてくれた。

同時に、もっと早くこの本に出会えていればなあと悔しい気持ちもある。

女性だけではなく、これから社会に出て行く学生にはとても参考になる一冊だ。

 

長年企業で勤務し、ビジネスコンサルタントとして独立した著者は、

ビジネスというものが未だ男性中心のゲームであり、

女性がそのゲームの中でどう振る舞えばいいのか分からずに働いていることが問題だと言っている。

女性は能力さえあれば、「男性と同じように」認められると思い込み、

学位を取ったり難しい資格に挑戦したりする傾向にある。

しかし、このような能力主義はウソだと否定する。

本当に必要なことは、状況を判断できる力、情報を収集する力だと。

会社という場所を「国」と考える。

そこには男性という「先住民」がいて、女性は「外国人」と置き換える。

つまり私たちが真っ先にしなければならないことは、スキルの習得よりその国の言葉、ルールを知ることなのだ。

正直、私はその見えないルールについて知ろうとすら思ってこなかったので、

これまで「理不尽だな、なんで意見が通らないのだろう」といったことが起きた時、理由が全く分からなかった。

今思えば、きっとその暗黙のルールから外れていたからなのだ。

 

また、自分の働き方を考える時に、お金の感覚を磨くことが大切だという。

ビジネスとは、会社の利益を上げて、自分の収入を増やすことが目的だ。

会社からお給料をもらっているという意識ではなく、

私たちは企業活動で得た利益を分配されているという意識を持つ。

そうすれば、目の前の仕事だけではなくもっと俯瞰で仕事を見ることができる。

今後も今の会社で上手くやってけるかどうかは分からない。

でも、ゲームの仕組みとルールを知って、自分が最低限何をすべきかわかっているだけでもやりやすくなる。

 

著者も本の中でこう言っている。

 

会社とは、働く人間に対して出来るだけ少ない報酬で、

出来るだけ多くの仕事をさせることを常に考えていることをお忘れなく。

 

ぜひ笑ゥせぇるすまんの喪黒福造ボイスで再生してほしい。