マンガがあるじゃないか わたしをつくったこの一冊/河出書房新社 編

最近は漫画を読むことがめっきり減った。
だんだん自分の漫画の好みも変わってきて、
特にマーガレット系の少女漫画が読めなくなってしまった。
クラスで目立たない大人しい女子を、人気者のイケメン男子が実はずっと好きだったってシチュエーション。

ないよ!!
あったとしても、その目立たない女子はもれなく外見が可愛いはずだよ・・・!
そう吉田大八監督の映画「桐島、部活やめるってよ」の橋本愛みたいに。

そんなこじらせた話ではなく、この本は作家、漫画家、芸人など著名人の方々が、
自分の人生に影響を受けた漫画を紹介する、バラエティに富んだ一冊だ。

進路を決定するきっかけになったり、漫画の主人公の生き方に自分の生き方を重ねてみたりと、
人によって「漫画」の作用の仕方が違うのが面白い。
また、校正も入っているとは思うけど、文体からその人となりを感じることができる。
紹介している漫画を読んでみようと思うし、
たとえ自分が読んだことのある漫画でも、また別の見方を知ることができる。

実際に読んでみたいと思ったのが、
フランス文学者・中条省平さんが紹介している『自虐の詩』。

映画にもなっていたので、あらすじは何となく知っていたけど、
業田良家さんの絵柄から原作は敬遠してしまっていた。

でも、中条さんがネタバレすれすれのところでこの漫画のすごさを語る。
「文庫版上巻の3分の2を過ぎたあたりからヤバいから!!」「最終巻とか号泣だから!!」と。

このブログはあくまでも、自分の自己満足で文章も滅茶苦茶に書き記してるもんで・・・
こんな風にうまく人に紹介できるような文章を書けるようになりたいなと思う。

ちなみに、私が一番影響を受けた漫画は「幽遊白書」で、小学生の頃『軀』に憧れて、
自分の妖力が周りにばれないようにと、トイレットペーパーを自分の体に巻き付けていた。
この行動の一番やばいところは、軀の物真似ではなく、自分が軀だと思い込んでいるところだ。
今思い返しても黒歴史。母親は随分心配していたからな。私の頭を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA