高丘親王航海記/澁澤龍彦

 

昔から、現実と夢が倒錯するような話が好きだ。

自分の中で代表的な一冊がこの「高丘親王航海記」。

時代は貞観七年(平安時代初期)。

高丘親王は、僧侶の安展・円覚2人と秋丸という少年を引き連れ、

天竺へ向かった。

幼少期、父親である平城天皇の寵愛を受けていた藤原薬子に添い寝をしてもらいながら、

夢うつつで天竺の話を聞いた。

その後、平城天皇は権力闘争に負け、心を許していた薬子も自害してしまう。

仏門に入った親王は薬子の記憶を追うかのように、天竺へ行くことが生きる上での目標となった。

天竺までの道程では、蜜人採集をする部族、獏を飼いならす獏園など、次々と奇妙な出来事が起きる。

この物語に惹きこまれたのは、美しく妖しい「薬子」の存在が大きい。

文章全体に甘美な雰囲気が漂うのも、冒頭に彼女のイメージを徹底的に焼き付けられたからだ。

肝心の主人公である親王はというと、周りから愛される人物として描かれる。

何者も拒まない優しい心と、好奇心に任せて危険へ飛び込んでしまう少年のような純真さ。

その優しさが時に自分へ災いをもたらしてしまうというところさえも、魅力的に感じる。

そんな親王に忠誠を誓い、守ろうとする安展と円覚のあたふたした様子はどこか滑稽だ。

前半は旅の始まりを感じさせるわくわく感で始まり、

後半の親王が病に臥せってからは焦燥に変わる。

遺稿となったこの物語は、澁澤龍彦が入院中に完成させたものだ。

病に臥せってしまった親王が、天竺に辿りつきたい気持ちと自分の人生に残された時間に苦悩したように、残された時間がわずかだったらどうするか。

著者の死生観が少なからず反映されているとするのであれば、

私にはこの物語の結末が、明るい結末のように思えた。