厄払い

先週、実家で本厄の厄払いに行ってきた。

お寺で17年ぶりくらいに地元の同級生Yちゃんと再会して、
既に3人も子供がいるという事実に衝撃を受けた。

なにより、
3人の子育てと仕事を両立している彼女がまぶしすぎて、目を合わせることができない。
自分なんていまだに一人で生活するのに精いっぱいで、他人を考える余裕がない。
そんな半端な自分を見られることが恥ずかしい、と思ったのが正直なところだ。

5人のお坊さんが火を囲んでお経をあげている中、
護摩札を火の中にくべていく。

Yちゃんがおもむろに「そういえばさあ・・・ほら、あの時助けてもらったよね。」
と言ってきた。

何のことやらさっぱり分からず。

「制服の事件あったじゃん。」と言われ、ようやく思い出した。

Yちゃんとは家の方向が同じだったこともあり、
小中と一緒に通学する仲だった。
控えめな子だったけど、田舎だと浮いてしまうくらいスッとした美人だった。

ある日Yちゃんが体育の時間から戻った後、制服が無くなっていた。
本人はおおごとにしたくないからと言ってそのままジャージで過ごしていたけど、
私は腹を立てて探さなきゃだめだと探しにいった。
結局、学校の中をいくら探しても出てこなくて、
二人でいつもの通学路を帰っていると、道端の横で燃やされたYちゃんの制服があった。

Yちゃんは気持ち悪いから黙っといてと言ったけど、
このまま黙ってたらまた新しい制服も燃やされてしまうかもしれないからと説得し、
学校に戻って先生に報告した。
結局犯人が見つからないままお蔵入りになってしまったが、
その後制服は無くなることはなかった。

今思うと、本当はYちゃんの気持ちを考えたらおせっかいだったのかなと思う。
でも、Yちゃんはあの時の私ことを「頼もしかった」と言った。

そう言ってくれる人がいるんだったら、自分も結構捨てたもんじゃないなと思えた。

伊東の旅~キモ可愛いパラダイス編~

休みを使って伊東温泉へ行ってきた。

宿ではハンモックに揺られながらキングダムを読む→温泉→キングダムを読む

→オセロ→キングダムを読むという

インドア・オブ・インドアな一日を過ごした。

特に面白いこともないので、どこが楽しかったとかの感想は割愛し、

伊東市にヤバい施設があったことを伝えたい。

その名も『まぼろし博覧会

キモ可愛いパラダイスと銘打っているが、入った途端、

漂ってくる空気が明らかにヤバい。心霊スポットのあれだ。

森林の中に無造作に置かれたメリーゴーランドの木馬。

赤い鳥居。

目隠しをされたマネキン。

確か前情報では、懐かし昭和文化が紹介されているミュージアム的なものだったはず。

あるべきところに、あるべきものがないだけで

不安で仕方がない。そして、ホコリがすごい。

意味不明な物体が所狭しと無造作に置かれている通路。

前に進むごとにゲシュタルト崩壊していく。

 

一番怖かったのが、GWに新しく増設されたゾーン「まぼろし池」

陽気なハワイアンがBGMで流れている。

目の前に今にも崩れ落ちそうな舞台に並べられたマネキン。

 

白昼夢・・・というか歩きながら悪い夢を見ているのか。

ただこの思い当たるザワザワとした感覚。

そうだラース・フォン・トリアーの映画だ。

精神的に疲れてぐったりと出口に向かっていると、

いま入ったばかりであろうカップルの彼女が

「マジ最高!!」と叫んでいるのが聞こえてきた。

 

私はまぼろし博覧会から無言で立ち去り、

日常って素晴らしい。と心から思った。

 

このままでは伊東市の怖かった思い出で終わってしまうので、

伊東駅近くの「まるげん」で食べた海鮮丼が美味しかったです。

 

転職。

仕事を辞めて3ヶ月。やっと転職が決まった。

正直、GW空けから2週間が一番キツかった。。もうしばらく転職活動はしたくない。

今回の転職活動における唯一の教訓は、「旅行は仕事を決めてから行くこと」。

いやほんとそれ。

ほんと退職した3ヶ月前の自分はなぜこんなに余裕ぶっこいていたんだ。今更ながら自分の無計画さに呆れる。

ただ、これまでの受験、就職における転機のタイミングを振り返ってみても、ギリギリに決まる傾向がある。これぞ「帳尻力」。何か大きな力が働いてるんじゃないかとさえ思う。

だから結果を待っている間はダークサイドに落ちていた自分も、内定もらった瞬間「あ、やっぱり何とかなるじゃん」と結局のところ調子に乗るのだった。

これからまた新しい環境に慣れなければならない。
人見知りの自分にとっては、新しい人間関係の構築が第一関門だ。

極力話しかけられたくはないし話したくはない。
デスクとデスクの間に一蘭の仕切り板みたいなのがあればいいのに。

新しい職場に馴染めるか大いに不安だけど、このブログもゆるく続けていけたらいいな。

本棚にモテはあるのか

友人を家に招いた時、
「あーこの本棚モテないわあ」と言われたことがある。

その時はピンと来なくてなんとなく笑ってやり過ごしたが、 
社会的には30も過ぎて独身でその上無職である。

ぐうの音も出ない。

ただ、私の本棚のどこがモテないのかが分からない。
考えたこともなかった。

本棚は自分の好きな物が押し込まれている。
本だけではなくDVDの類も。

目を背けていた現実に向き合う時が来たのかもしれない。

せっかく時間ができたので、自分の棚卸しの為にも
読んだ本や観た映画の感想を綴っていこうと思う。