スケルトン イン ザ クローゼット/岩本ナオ

 

この本は、岩本ナオがデビューして初の単行本。

私にとっては何回も読み返すバイブル的漫画だ。

「町でうわさの天狗の子」から入って岩本ナオファンになり、

この本に辿りついた。

タイトルになっている「スケルトンインザクローゼット」以外に、6つの短編が収録されている。

スケルトンインザクローゼットとは、「他人に見られたくない子ども」のこと。

公認会計士の試験浪人中のカンちゃんの家に、いとこの中学生野花、

弟で新人漫画家の公二がやってくる。

今年こそ試験に受からなければいけないプレッシャーと戦うカンちゃん。

親と勘当寸前の公二。

離婚したばかりの母親に放任されている野花。

本当は誰かに認められたくて居場所がほしいのに、なかなか素直になれない。

 

私がこの話の中で好きなシーンが3つある。

まず、野花が攻略サイトを見ながらゲームをするシーン。

 

15歳の女の子の口から出た「頼れるものは何でも頼るって決めてんの」という大人びた言葉は、
本当は誰かに頼りたいことの裏返しにもとれる。
ここの、人が強がる心情を漫画に置き換える作者のセンスがすごい。

次に、カンちゃんの好きな人、由美加センパイとの再会。

 

学生時代は化粧っ気のなかった由美加センパイの

「就職してから女はちょっとぐらいきれいにしてたほうが働きやすいって気づいたの」

このパワーワード。

賢い女子たちはもう感覚で気づいていたかもしれないけど、私はこれに気づくまでだいぶかかった。
新卒の頃はピンとこなかったけどさすがに何回も転職すると痛いほど身に染みた。

最後に一番好きなシーン。

公二が自分が好きな人(由美加センパイ)を、カンちゃんも好きだと気づいてしまったシーン。

あきらめようとする公二に対し、野花は「恋をつまらないものにするな」と活を入れる。

 

 

スケルトンインザクローゼットの中身だけでも十分満足するのだけど、

他の短編どれも全てが素晴らしい。

心に沈んだ胸キュンを甦らせたいのなら岩本ナオを読めと言いふらしていきたい。